ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 空き家活用事業費補助金について

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2017 年 8 月広報更新
    四万十町通信 2017.8月号
    四万十町通信 2017.8月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚329人
    女性 9‚284人
    17‚613人
    世帯数 8‚606世帯

    2017年7月31日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    空き家活用事業費補助金について

    担当 : 建設課 / 掲載日 : 2017/06/23

    空き家活用事業費補助金

    対象者の要件

    1. 改修を行う空き家の所有者又は購入予定の所有者
    2. 改修後の上部構造評点が1.0以上である等、耐震性が確保されているもの。
    3. 個人が所有する空き家であること。
    4. 改修を行う空き家については、補助事業完了後10年以上、住宅確保要配慮者等の居住の用に供し、事業終了後直ちに居住の用に供しない場合は、町のホームページに空き家情報として登録すること。
    5. 3親等以内の者と空き家を賃貸又は譲渡しないこと。
    6. 申請者が町税等を滞納していないこと。
    7. 申請者が、暴力団等排除措置対象者でないこと。

    補助金交付手続きの流れ

    1.交付申請書の提出  ※原則として申請は空き家改修前に行って下さい。

    ◆交付申請書に次の書類を添えて提出して下さい。

    ・同意書
    ・収支予算書
    ・実施設計書又は見積書
    ・施工前の現場写真
    ・空き家の位置図
    ・所有者の住民票
    ・所有者に係る税完納証明書
    ・売買契約書(購入の場合のみ)

    審査により要件の適合が認められた場合は、交付決定通知書を交付致します。

    2.実績報告書の提出  ※改修工事完了後の20日以内

    ◆実績報告書に次の書類を添えて提出して下さい。

    ・収支決算書
    ・事業実施中及び完了時の写真
    ・精算金額が確認できる資料

    改修工事の確認のため、現地確認を行います。
    審査により補助金の交付が認められた場合は、交付確定通知書を交付致します。

    3.補助金交付請求書の提出

    申請者の方への口座振込となります。

    申請等様式集

     住宅耐震診断費補助金、住宅耐震改修促進費補助金と併用できる場合がありますので、詳しくは下記までお問い合わせください。


    PDF

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


    このページに関するお問い合わせ

    建設課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16‐17
    電話:0880-22-3120 Fax:0880-22-5040

    担当課へのお問い合わせ