ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 集中放流区の特別採捕調査を行いました。

集中放流区の特別採捕調査を行いました。

担当 : 企画課 四万十川対策室 / 掲載日 : 2019/05/13

集中放流区の特別採捕調査を行いました。

今年も昨年に引き続き、アユの放流効果を検証するために、四万十川上流淡水漁協管轄区内の松葉川地区3か所をアユの友釣り専用区として設定して頂きました。そして、生育や密度、追いの良し悪し等を調べるため、特別採捕調査を特採従事者3名で5月13日に実施しました。水況は、渇水傾向が強くさらに代掻き等による濁水の影響も出始め、下流ほど濁りの濃度が高まる状況にありました。


特採

採捕場所

サンセキ友釣り特別区

◆サンセキ友釣り専用特別区
特採調査時間:10:00〜12:00
水温:22℃
サンセキ直下の平瀬から釣り開始。アユが群れる傾向が強くオトリが群れと一緒によく泳いでいました。アメゴも群れについているようで2匹のアメゴが釣れました。

越行友釣り特別区

特採調査時間:12:00〜15:00
水温:22℃
5月11日のカワウ対策として設置していたテグスの回収時に多くのアユが確認され、底石の状況も良く、一番水深のあるトロ場には400〜500匹の群れアユを確認しました。釣り場の評価として、アユの魚影は多く確認できるので今後復調の可能性はあると思われます。

タキモト友釣り特別区

◆タキモト友釣り専用特別区
特採調査時間:15:00〜16:00
水温:20℃
放水口下流の15m程の区間を調査しました。調査結果としては、特採従事3名で23匹の釣果となりました。アユの状態としては、追いも良く掛かりも早いと言えます。魚体も良く18cm程に成長し縄張りを形成していると思われる黄色い個体でした。釣り場の評価としては、アユの魚影は多く確認できるので、今後濁水等の悪影響がなければある一定評価できる状態と言えます。


釣果

 お問い合わせ先は、四万十町役場企画課四万十川対策室までお願いします。

電話:0880−22−3124
MAIL:105010(アットマーク)town.shimanto.lg.jp


このページに関するお問い合わせ

企画課 四万十川対策室

〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
電話:0880-22-3124 Fax:0880-22-3123

担当課へのお問い合わせ