ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 第2次四万十町総合振興計画を策定しました。

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2017 年 8 月広報更新
    四万十町通信 2017.8月号
    四万十町通信 2017.8月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚329人
    女性 9‚284人
    17‚613人
    世帯数 8‚606世帯

    2017年7月31日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    第2次四万十町総合振興計画を策定しました。

    担当 : 企画課 / 掲載日 : 2017/03/24

     本町のまちづくりの指針である第1次四万十町総合振興計画が平成28年度をもって終了することから、新たに第2次四万十町総合振興計画を策定しました。

     この計画の策定に当たっては、住民意識調査やまちづくりワークショップを行うなど、多くの町民の方々のご意見を参考に審議を重ね、昨年11月に審議会から答申を受けています。
     また、同年12月には、この答申を尊重した新たな総合振興計画を町議会に提案し、可決されました。

     今後は、この総合振興計画の実現に向けて、町民の皆さまと協働して各種施策に取り組んでいきます。


    冊子イメージ

    総合振興計画とは

    本町のまちづくりを進めるうえで、町政の基本方針となるものであり、それを達成するための施策を総合的・体系的に示す計画です。

    計画の位置付け

     この計画は、まちの将来像とまちづくりの基本方針を町民と共有し、総合的かつ計画的なまちづくりを推進するため、四万十町まちづくり基本条例第18条を根拠として策定し、町の政策を定める最上位の計画として位置付けます。

    計画の構成と期間

     総合振興計画は、基本構想と基本計画の二つの柱で構成されています。

     基本構想は、本町が目指すまちの姿とその実現に向けたまちづくりの基本方針を示すもので、計画期間は平成29年度からの10年間としています。

     基本計画は、基本構想に掲げる将来像の実現を目指し、分野別に取り組む施策を体系的に示すもので、計画期間は平成29年度からの5年間とし、行政事情の変化等を踏まえて5年後に見直しを行います。

    実施計画

     基本構想と基本計画に基づき、向こう3か年で取り組む具体的な個別事業は、実施計画として別途策定し、毎年度見直しを行います。


    PDF

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


    このページに関するお問い合わせ

    企画課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16‐17
    電話:0880-22-3124 Fax:0880-22-3123

    担当課へのお問い合わせ