ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > きらら大正に太陽光発電等再生可能エネルギー設備を導入!

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2022年5月広報更新
    四万十町通信2022年5月号
    四万十町通信2022年5月号

  • 四万十町の人口

    男性 7‚619人
    女性 8‚314人
    15‚933人
    世帯数 8‚200世帯

    2022年4月30日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    きらら大正に太陽光発電等再生可能エネルギー設備を導入!

    担当 : 地域振興課(大正) / 掲載日 : 2021/04/01

     大規模災害時の2次避難所として位置付けられている「きらら大正」に、太陽光発電等再生可能エネルギー設備を導入しました。
     日常はCO2排出抑制、災害時は非常用電源を確保して自立運転が可能な施設になりました。

    【太陽光発電システムの概要】
    ・パネル 315W/枚×66枚=20.79kW
    ・パワーコンディショナー 10kW×2台=20kW
    ・蓄電池 20kWh×2台=40kW

    発電量 20,165kWh/年(概算)

    【高効率設備の概要】    
    ・空調 多目的ホール10台 ステージ2台
    ・LED照明 スクエアベースライト8台 ダウンライト41台
    ・換気設備(全熱交換器) 4,000m3/h×2台

    年間CO2削減量 15.0t-CO2
    年間CO2削減率 87.59%

    【平時の役割】
    ・蓄電池への充電(余剰電力は自家消費)
    ・余剰電力はすべて自家消費にしてCO2排出抑制
    ・高効率設備(空調・換気設備・LED照明)によるランニングコスト削減

    【災害時の役割】
    ・蓄電池から指定のコンセント、LED等に電力供給し、避難所としての機能を維持

    太陽光パネル
    太陽光パネル

    多目的ホールLED照明・空調

    多目的ホールLED照明・空調

    このページに関するお問い合わせ

    地域振興課(大正)

    〒786-0393 高知県高岡郡四万十町大正380番地
    電話:0880-27-0111 Fax:0880-27-1190

    担当課へのお問い合わせ