ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 分類でさがす > 予防接種 > 子どもの予防接種

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2019 年 9月広報更新
    四万十町通信2019.9月号
    四万十町通信2019.9月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚030人
    女性 8‚888人
    16‚918人
    世帯数 8‚452世帯

    2019年8月31日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    子どもの予防接種

    担当 : 健康福祉課 / 掲載日 : 2019/04/10

     

    予防接種法に基づき、下記の予防接種を全額公費(無料)で実施しています。(ただし、定期の対象年齢を過ぎた場合は、任意接種となり実費がかかります。)

    予防接種の実施

    高知県内の委託医療機関で実施しています。各予防接種の対象年齢になりましたら、予防接種予診票、説明書を送付します。母子健康手帳と予防接種予診票を持参し、医療機関で接種を受けてください。

    ※四万十町に転入された方や、紛失等により予診票を持っていない方は下記窓口までお問合せください。

    予防接種の費用・公的補償

    お子さまの定期の予防接種の費用は全額公費負担(無料)で実施しています。万が一健康被害が起こった場合に公的補償制度の給付を受けることができます。

    予防接種予診票の接種期限を過ぎると、任意接種となり、接種費用は自己負担となります。また、万が一健康被害が起こった場合に公的補償制度の適応になりませんので、接種期限内に接種を受けてください。

    高知県外の医療機関で予防接種を希望される方へ

    里帰り等やむを得ない理由で高知県外の医療機関で予防接種を受ける場合は、予防接種をする前に、下記の問合せ窓口までご連絡ください。

    日本脳炎予防接種特例措置について

    特例措置対象者の日本脳炎予防接種は20歳の誕生日の前日までです

     日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種の積極的勧奨の差し控えを行っておりました。

     その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

     日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃している方のために、特例措置として20歳の誕生日の前日までに不足している分の予防接種を受けることができますので、母子健康手帳などのご確認をお願いします。

     

    ◆特例措置対象者◆

    1)平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの人で、20歳未満の方

     積極的勧奨差し控えにより、第1期・第2期の接種が行われていない可能性があります。

    2)平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれの方で、9歳以上13歳未満の方

     積極的勧奨差し控えにより、第1期の接種が行われていない可能性があります。平成22年3月31日までに日本脳炎の第1期の予防接種が終了していない方は、第1期の不足分を9歳以上13歳未満で接種してください。

    ※町では年度毎に18歳となる者に対して予防接種の積極的な勧奨(個別通知)を行っています。

     

    子宮頸がん予防ワクチンは積極的な勧奨を差し控えています

    平成25年6月14日付厚生労働省通知により、子宮頸がん予防ワクチン接種については、積極的な勧奨を差し控えています。
    子宮頸がんワクチンの接種にあたっては、有効性と接種による副作用が起こるリスクを十分理解したうえで受けるようにしてください。
    詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。

    問合せ窓口

    窓 口 電 話
    本庁 (健康福祉課) 0880−22−3115
    大正地域振興局(町民生活課) 0880−27−0112
    十和地域振興局(町民生活課) 0880−28−5112

    PDF

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


    このページに関するお問い合わせ

    健康福祉課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
    電話:0880-22-3115 Fax:0880-22-3725

    担当課へのお問い合わせ