ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 国民健康保険(出産・死亡)

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2019 年 6月広報更新
    四万十町通信2019.6月号
    四万十町通信2019.6月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚070人
    女性 8‚926人
    16‚996人
    世帯数 8‚475世帯

    2019年6月30日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    国民健康保険(出産・死亡)

    担当 : 町民課 / 掲載日 : 2015/04/28

    【出産育児一時金】

     国保に加入している方が出産したときは、出産育児一時金が支給されます。(死産・流産でも妊娠12週以上であれば、支給されます)
     ただし、社会保険から出産育児一時金が支給される場合(1年以上の加入期間があり、退職後6ヶ月以内に出産した場合)は、国保からは支給されません。

    ■支給額

     出産児一人につき42万円支給となっておりますが、産科医療補償制度における出産でない場合は40万4千円となります。

    ▼出産育児一時金の直接支払制度について

     平成21年10月1日以降の出産について、医療機関と被保険者が「直接支払制度に合意する旨の文書」の締結を行い出産をすることで、保険者(四万十町)から出産育児一時金を直接医療機関に支払う制度です。
     これにより、出産時にまとまった出産費用を事前に用意する必要がなくなります。

    〔直接支払制度を利用した方で出産費用が42万円以上の場合〕

     出産育児一時金の窓口申請手続きは必要ありません。

    〔直接支払制度を利用した方で出産費用が42万円未満の場合〕

     世帯主が出産費用と出産育児一時金の差額分を四万十町に申請いただくことで、差額支給いたします。

    〔直接支払制度を利用しない場合〕

     出産後に、出産育児一時金の窓口申請手続きが必要です。
     ただし、出産にかかった費用を医療機関等にいったんご自身でお支払いただくことになります。

    ■窓口での申請手続きに必要なもの

     (1)国民健康保険被保険者証

     (2)世帯主の印鑑(認印可)

     (3)世帯主の預金通帳等振込先のわかるもの

     (4)医療機関等が発行する領収・明細書
       ※直接支払制度利用の有無が記載されているもの
     

     

    【葬祭費】

     被保険者が死亡したとき、葬祭を行った人に3万円支給されます。

    ■窓口での手続きに必要なもの

     (1)国民健康保険被保険者証

     (2)葬儀執行者の印鑑(認印可)

     (3)葬儀執行者名義の預金通帳等振込先のわかるもの
      
     (4)会葬の礼状等、葬儀執行者がわかるもの


    このページに関するお問い合わせ

    町民課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
    電話:0880-22-3117 Fax:0880-22-0361

    担当課へのお問い合わせ