ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 介護保険(地域包括支援センターについて)

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2019 年 5月広報更新
    四万十町通信2019.5月号
    四万十町通信2019.5月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚088人
    女性 8‚953人
    17‚041人
    世帯数 8‚495世帯

    2019年4月30日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    介護保険(地域包括支援センターについて)

    担当 : 健康福祉課 / 掲載日 : 2017/04/12

    ■地域包括支援センターについて

    地域包括支援センターは、高齢者の方が住み慣れた地域で安心して生活できるように、保健、医療、福祉、介護の向上を図り、包括的に支援することを目的として設置しています。保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャー等を配置し、各々の専門性を活かして、相互連携しながら次の業務に取り組んでいます。


    ◎地域包括支援センターのおもな業務

    業務の種類 内   容
    総合相談支援 高齢者の介護や生活等に関する相談をお受けします。必要に応じてご家庭を訪問し、どのような支援が必要かを把握し、関係機関や適切なサービスにつなげます。
    権利擁護 高齢者虐待への対応、成年後見制度の活用などにより、高齢者の権利を擁護します。

    包括的・継続的ケアマネジメント支援

    高齢者の方の心身の状態に応じて必要なサービスが提供されるよう、介護支援専門員(ケアマネジャー)への指導・助言や医療関係など関係機関との調整を行います。
    介護予防ケアマネジメント 介護保険の要支援12と認定された方や、25項目の基本チェックリストにより、「事業対象者」と判定された方に、介護予防サービス・支援計画書を作成します。また、サービス事業所との連絡調整等も行います。
    一般介護予防事業 運動機能向上のための教室や介護予防サポーターの養成を行います。また、地域のボランティアによる「宅老所」や「運動自主グループ」の立ち上げや運営の支援を行います。
    認知症初期集中支援チーム 認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるために、認知症の人やその家族に早期に関わることで、早期診断、早期対応に向けた支援を行う「認知症初期集中支援チーム」を29年度から設置します。認知症サポート医、社会福祉士、保健師で構成された専門職のチームが自宅を訪問し、必要な医療、介護サービス等支援の方向性を検討し、各関係機関と連携して支援を行います。

     この他、「在宅医療・介護連携の推進」「生活支援サービスの体制整備」「地域ケア会議」等を行います。



    ◎地域包括支援センターのご案内

    名 称 場 所 電話番号
    四万十町地域包括支援センター  本庁健康福祉課内 22−3385
    四万十町地域包括支援センター 西部支所 大正地域振興局内 27−1212
    四万十町地域包括支援センター 西部支所連絡所 十和地域振興局内 28−5112

    地域包括支援センターが、高齢者のみなさんの生活を支援するためには、医療機関やサービス事業所等の関係機関や地域住民のみなさんとの連携が大切です。ご協力をよろしくお願いします。


    このページに関するお問い合わせ

    健康福祉課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
    電話:0880-22-3115 Fax:0880-22-3725

    担当課へのお問い合わせ