ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 後期高齢者医療(保険料について)

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2022年6月広報更新
    四万十町通信2022年6月号
    四万十町通信2022年6月号

  • 四万十町の人口

    男性 7‚616人
    女性 8‚308人
    15‚924人
    世帯数 8‚198世帯

    2022年5月31日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    後期高齢者医療(保険料について)

    担当 : 町民課 / 掲載日 : 2021/07/13

    ■ 保険料算定の仕組み

     保険料は、被保険者均等割額54,316円と、所得割額(基礎控除後の総所得金額×0.1049)により算定されます。
    ※均等割額、所得割率は、広域連合ごとに必要な医療費や地域の所得水準等から算定され、2年ごとに見直されます。

          


    ■ 保険料額の軽減措置

     所得が低い方について、その世帯の状況に応じて被保険者均等割額が軽減されます。

    
    軽減を判定する所得額 軽減割合
    基礎控除額43万円(※2)+10万円(給与・年金所得者数(※3)−1)以下 7割
    基礎控除額43万円(※2)+10万円(給与・年金所得者数(※3)−1)+28.5万円×被保険者数 以下 5割
    基礎控除額43万円(※2)+10万円(給与・年金所得者数(※3)−1)+52万円×被保険者数 以下 2割
    上記以外の世帯の被保険者 軽減なし

     

     ※1 令和2年度までは国の特例措置により7割を超える部分の軽減割合が上乗せされていましたが、令和3年度から制度本来の7割軽減に戻す見直しが行われました。

     ※2 基礎控除額については、合計所得金額が2400万円を超える場合、その合計所得金額に応じて控除額が段階的に減ります。

     ※給与・年金所得者数とは、給与収入が55万円を超える又は公的年金等収入が125万円(65歳未満の方は60万円)を超える被保険者及び世帯主の合計人数です。合計人数が2人以上いる場合に適用します。


    ■ 後期高齢者医療加入により新たに保険料が発生した方の保険料

     協会健保や共済保険の被扶養者で、後期高齢者医療制度加入によって新たに保険料が発生した方は、所得割額の賦課はなく、均等割額が5割軽減になります。
     


    ■ 保険料の上限額

    一人当たりの年間保険料の上限額は、64万円です。
     


    ■令和3年度後期高齢者医療保険料のしおり


    ■関連リンク


    PDF

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


    このページに関するお問い合わせ

    町民課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
    電話:0880-22-3117 Fax:0880-22-0361

    担当課へのお問い合わせ