ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 四万十町の伝統的工芸品

  • 防災バナー
  • 夜間・休日診療
情報ピックアップ
  • 2019 年 9月広報更新
    四万十町通信2019.9月号
    四万十町通信2019.9月号

  • 四万十町の人口

    男性 8‚030人
    女性 8‚888人
    16‚918人
    世帯数 8‚452世帯

    2019年8月31日現在

    • ペーパークラフト
    • 河川監視カメラ

    四万十町の伝統的工芸品

    担当 : にぎわい創出課 / 掲載日 : 2019/01/04

    四万十町の伝統的工芸品

     「伝統的工芸品」は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づき、国が指定するものです。
     現在、全国で219品目あり、高知県では「土佐和紙」「土佐打刃物」の2品目が伝統的工芸品として経済産業大臣に指定されています。

     四万十町には「土佐打刃物」があり、伝統の継承を目的に、平成30年度からは「四万十町伝統的工芸品産業等後継者育成対策事業費補助金交付要綱」を制定し、伝統産業の推進に取り組んでいます。

    土佐打刃物とは

     全国屈指の温暖多雨地である高知県は、森林率日本一です。古くから良木に恵まれ、林業が発展し、農林用刃物も盛んに作られていました。

     江戸時代初期の土佐藩の財政窮迫による、農・山林収益策により農業林業用打刃物の需要が拡大し、土佐打刃物は生産量品質ともに、各段に向上することになりました。

     土佐打刃物は用途、場所(土壌)、背丈などによって、寸法や柄の角度を自由な形で造る「自由鍛造」と言われます。切れ味がよく、耐久性もあり比較的安価なことから全国的に人気を博していますが、一方で後継者不足も加速しております。

    四万十町の取り組み

     四万十町伝統的工芸品産業等後継者育成対策事業費補助金交付要綱に基づき、研修生および研修生受入れ先に補助金を交付しています。

    れんけいこうち広域都市圏での取り組み

     高知市を中心とした県内全市町村との連携による「れんけいこうち広域都市圏」のビジョンに基づき、伝統産業のブランド力・知名度向上、販路拡大に向けた支援を目的としてパンフレットを作成しました。

    【パンフレット配布場所】
    四万十町役場本庁舎1階(観光カウンター)
    四万十町役場大正地域振興局(窓口)
    四万十町役場十和地域振興局(窓口)
    道の駅あぐり窪川
    道の駅四万十大正
    道の駅四万十とおわ

    高知市ホームページ内に特設サイトも設けておりますので、是非ご覧ください。


    土佐の手づくり工芸品


    このページに関するお問い合わせ

    にぎわい創出課

    〒786-8501 高知県高岡郡四万十町琴平町16番17号
    電話:0880-22-3281 Fax:0880-22-5040

    担当課へのお問い合わせ